方向性と目的を合わせる

一緒に働く

パートナーや仲間と

いい仕事をするために
必須なことは
目指す理想の未来や

理念や目的を共有すること。

それには

時間もエネルギーもかかるが

共有が不十分なら

早かれ遅かれ

それ以上の時間もエネルギーもかかってしまうような

問題やトラブルが起きてしまう。

めんどくさがらず

効率を求めすぎず

都合のいいように人を利用しようとせず

最初に

具体的に臨場感を持ってイメージしながら

情熱をこめて伝える。
そして

ことあるごとに

事例を変えながら
何度も、何度も、何度も

繰り返し語る。